パワーストーンは語る

カッティング水晶 その2:キラキラ多面体,ミラーボールはパワーも倍増?

カッティング水晶 その2:キラキラ多面体,ミラーボールはパワーも倍増?

こんにちは!阿部ケイです。
前回に続いて、カッティング水晶のお話です。

多面体カッティングされた水晶は、通称・ミラーボール水晶ともいいます。

ここでまず、水晶だけでなくカットされたキラキラパワーストーンと、丸いつるんとしたスタンダードなパワーストーンの違いについてお話ししておきます。

面でカットされたパワーストーンの効果とは
「多方面にアンテナを伸ばす」とか、「多方面に目を向ける」と言うように少し「意識して」「目的を定めて見極める」ことができるように促す。

これに対して、単純な球形のパワーストーンは
360度まんべんなく自在にアンテナを放射状に延ばせるため「とくに意識する事なく」「自然体でパワーを発揮したり吸収したりできる」ようになる。
と、いうことです。
こう説明すると、パワーストーンはつるんとした球形の方がパワーも強いみたいでお得じゃない!? 
と考える方もいるでしょう。でも、ちょっと待ってください。

まんべんなく自在にパワーを発揮吸収するという事は、呼吸と同じ。
人間も健康体であるなら毎日特に呼吸を意識する事なくいられますが、
体調を崩したり体力が落ちた時は呼吸する事すら苦しくなったり疲れてしまったりするでしょう。
それだけ休みなく心臓を動かし続けるという事は、
常に気力体力を補充させていなければとてもエネルギーを消耗する動作です。
という事は、カットされたパワーストーンより、持つことによるストレスが大きいともいえます。

つまり、つるんとした球形のパワーストーンのブレスレットは、
持つ人の体力や精神力を消耗しやすくなるのです。
ですから、それなりの気持ちでブレスレットを身につけていただくことが前提です。

カットされたパワーストーンは必要なところに必要なだけピンポイントでそのパワーを使うことができるので、
持つ人がもっとも必要だと意識するところにムダなくパワーを使います。
ですから、持ち主に対してもやさしく、ムリがありません。

う~ん、まさに一長一短ですね。

特に透明な水晶(クリスタルクォーツ)は、パワーストーンの中でもとてもとても純粋で真面目な石です。
どちらかというと、純情一直線なところもあるので、
つるんとした球体のままの時と、キラキラミラーボールになった時の違いが、
他のパワーストーンよりも実に(真面目に)如実に現れるのです。
suisho2
どちらが良いとはいえないし、もちろんお好みもあるでしょう。
大事なのは持ち主本来の性格や現在の精神ステージによって、上手に使い分けること。
私たちは、そのお手伝いをさせていただいています。

さて、今日のところはこれでおしまいにします。

■パワーストーンブレスレットをつくりたい方は、こちら。→クリック

コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

※スパムコメント防止の為メールアドレスの入力を必須にしておりますが、画面には表示されません。