パワーストーンは語る

幸せになりたい人へ。琥珀のお話。

幸せになりたい人へ。琥珀のお話。


こんにちは。阿部ケイです。
お久しぶりです。

幸せになりたい人へ、とタイトルを書きましたが、
何を基準に幸せを感じるかは、個人差があると思います。
でも、基本的なことを申せば、
やはり人間は健康でないと食事も美味しくないし、楽しい事も出来ないし
明るい気持ちにもなれません。
明るい気持ちになれなければ、
どんなにすばらしい家に住んでいても、
どんなに素敵なパートナーがいても、
どんなにチャンスに恵まれても、
うつむいたままでいつまでも自分の不幸を捜して不平と不満の森を彷徨い続けることになります。
昔から言うように、健全な身体に健全な精神が宿るのです。
そこで、心身ともに健康になれるパワーつまり幸せを感じる力を強くするパワーを持った石、ということで、琥珀(アンバー)を推薦いたします。

琥珀は、松脂(まつやに)の樹液が長い年月をかけて固体化したものです。
時にはこの中に虫や植物が入りこんでそのまま固まって化石化していることもあります。
主な産地はロシア、ポーランドなどの北ヨーロッパバルト海沿岸部。
日本では、岩手県久慈が有名です。
朝ドラの『あまちゃん』にも出てきますね。

鉱物ではないので、パワーストーンと言う分類に入るのかと良く聞かれます。
しかし、琥珀は、生成されるまでの過程が大変鉱物的で「鉱物化した植物」といわれているのです。 
この点からも、琥珀はパワーストーンの仲間として充分な資格があると考えます。
じっくり、じんわりと時をかけ出来上がったものには、その年月分のパワーが潜んでいるのですよ。

琥珀には、精神の安定や、健康維持、免疫力アップ、
ご先祖さまからの力を授かる、などと言ったパワーがあるとされ、
今のこのストレス社会に生きていくに必要なパワーを丸ごと持ち合わせていると言えるのです。

なによりも、自分自身が心身ともに健康になる事は、周りの人も元気に明るくできるということ。
それが幸せの本来の力。みなさん自身の中にきっとあるその力に気がつくことを、琥珀のパワーはサポートしてくれます。
幸せの青い鳥は、やっぱり自分の中に棲んでいるのですよ。

地味で、控えめな感じのパワーストーンではありますが
老若男女を問わず、場面、社会的立場なども問わない、非常につけやすいパワーストーンです。

難点は、乾燥しすぎるとかけてしまうことと、
熱にも弱いので溶けてしまうこと。
通常、常識の使用範囲では問題ありませんが、
ストーブはもとより、乾燥機や温風ヒーターのそばに長時間置かないようくれぐれもご注意ください。

コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

※スパムコメント防止の為メールアドレスの入力を必須にしておりますが、画面には表示されません。