パワーストーンは語る

秋の空→鱗雲→魚→目玉→魚眼石ってアポフィライト♪

秋の空→鱗雲→魚→目玉→魚眼石ってアポフィライト♪


阿部ケイです、こんにちは。

タイトル…ちょっと、こじつけてしまいました。
今日は魚眼石(アポフィライト)のパワーのお話を一つ。

魚眼と言う名前の由来は、石全体が白っぽく光るのが魚の眼のように見えたという事だそうで、ケイ素を含む化合物です。

結晶が葉っぱが取れるようにはがれるため、(アポ=離れる)(フィライト=葉)
アクセサリーとしての存在はあまり見ることがありません。
硬度もあまり強くないので、身に付けておく事は、外側を加工しないと難しいかもしれません。
という事で、産出量は比較的多いの安価な石なのではありますが、余り知られていないパワーストーンと言えるでしょう。

そのパワーは、
一般的に、精神的なストレスを解消する、頭の疲れを癒す、また、霊感を高めるなどなど。


とここで、へそ曲がりの私はいつも思うのですが、
【霊感を高める】って、頭の疲れを取るとか精神的なストレスを解消するとかってことと、もしかして相反するのではないかしら??
だって、霊感って、多分生物的に脳の一部が働くことで感じるものと思うので、強くなるという事は、脳に刺激があって、ストレスがかかることですもんね。
それに、現実的に、霊感強いと人に見えない物が【視えたり】聞こえないことが【聴こえたり】するわけですよ。
それがいったい何なのか、また、その正体がわかった時に、それに対してどうしようかと現実的に考えるわけでして、しかも、わかってしまことで(知らなくて良い事まで)心の弱い人は、病んでしまう事もあるぐらいですから、それって結構エネルギーも消耗するのにな…なんてね。

という事で、この一般的なパワーの内容は参考程度にしておきまして、
私的にはこの『アポフィライト』の持つパワーってとっても静かで深い優しさを人に与えるというパワーを感じます。
その癒しのパワーは、ジワジワと浸透し気付かないうちに気持ちが軽くなるというパワーなのです。

深い海の底の静かで強い力を持つ人に与えてくれる石なのではないでしょうか。

この石は崩れやすいので(欠けやすい)、アクセサリーと言うよりも原石を置物にする場合が多いのです。置く場所に適しているのは、やはり寝室が一番良いのではないでしょうか。
他には、勉強部屋や研究室、新製品の開発室などなど。また、下に敷く敷物も受け皿等においたら、できれば周りにサザレの水晶を敷き詰めるとよいと思います。
精神が安定し集中力が高まり、探究心が旺盛になり新しいことに対する吸収力が高まります。

さて、今日のところはおしまいにします。

コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

※スパムコメント防止の為メールアドレスの入力を必須にしておりますが、画面には表示されません。